本文へ移動

ブログ

エコサンテ関係者ブログ

エコサンテ関係者ブログにお出でくださり誠に有難うございます。このページの下段もご覧ください。これまでに投稿された写真の一部がスライドショーでご覧いただけます。

マリマリからの発信①  鹿島神宮参拝

2019-04-18
NEW
夢国籍庶民料理&オーガニック料理「ルチュ」を営んでいるマリマリです。
 
先週、東国三社(鹿島神宮、香取神宮、息栖神社)の一つである「鹿島神宮」(全国にある鹿島神社の総本社)へ参拝に行って来ました。
 
私の住む「ひたちなか市」から海岸線を南下し、車でおよそ1時間くらいです。
 
鹿島神宮は、皇居~明治神宮~富士山~伊勢神宮~吉野山~高野山~剣山~高千穂へと一直線に続く、レイライン(直線上に並ぶ聖地)の東端に位置します(写真参照)。
 
鹿島神宮の大鳥居、楼門、二郎杉、そして拝殿
石造りだった大鳥居は2011年3月11日の東日本大震災で倒壊したため、木造にして2014年6月1日竣工祭が行われました。
 
日本三大楼門の一つに数えられる楼門は、高さ約13m、重要文化財に指定されています。寛永11年(1634)、水戸徳川初代藩主の頼房卿(よしふさきょう)により奉納されました。
 
二郎杉は、境内で2番目に大きな杉なので、二郎杉と呼ばれています。高さ40m、樹齢は700年とみられています。(鹿島神宮HPから抜粋)
 
楼門をくぐるとすぐ右手には拝殿・本殿があります。拝殿の奥は幣殿、石の間と続き、一番奥に本殿があります。三棟とも重要文化財。江戸時代初期の元和5年(1619年)、江戸幕府第2代徳川秀忠の命により造営。
大鳥居
楼門
ニ郎杉
拝殿(重要文化財)  奥に本殿があります
鹿園
鹿園
拝殿で参拝を済ませ、奥へと進んで行くと左側に鹿さんたちがいる鹿園があります。
 
鹿島神宮では鹿を神使とし、神鹿(しんろく)と呼んでいます。現在でも20頭ほどの鹿たちが神様の使いとして鹿園に飼われているとのこと。
 
鹿園横の売店でニンジンを買うと(100円)、鹿たちに触れ合うことができます。
 
ニンジンを持って近づくと、鹿さんたちが集まってきますよ~。
 
ちなみにサッカーチーム・鹿島アントラーズのアントラー(antler)は英語で鹿の角のことを言いますから、鹿島アントラーズは神鹿を意識したものだと思われます。
 
鹿園からさらに進むとあの石が・・・
さざれ石
右の写真はさざれ石です。小さな石たちが自由に絡んで、気が遠くなるような長い時間をかけ、一つになったもの。
 
さざれ石は日本の国の成り立ちを表しているとも言います。(うん、うん)
 
さざれ石は、石灰石が長い年月の間に風雨で溶解し、粘着力の強い乳状液が次第に小石を凝結し次第に大きくなり、ついには巌となり、河川の浸食により地表に露出し、苔むしたもの、と石碑に書かれていました。
 
 
「君が代」の歌詞の中で使われています。歌はここをクリック
君が代は 千代に八千代に さざれ石の 巌(いわお)となりて 苔(こけ)のむすまで
 
「君が代」は、1999年(平成11年)に「国旗及び国歌に関する法律」で正式に日本の国歌として法制化された世界で最も短い国歌。
 
さざれ石からさらに進むと奥宮が・・・。
 
奥宮(重要文化財)下の写真
社殿は慶長10年(1605)に、徳川家康によって本宮の社殿として奉建されたが、元和5年(1619)に二代将軍秀忠によって現在の本宮社殿が奉建されたことにより、現在地に引移して奥宮社殿となりました。<案内板から>
 
奥宮
奥宮とご神木
奥宮のご神木
奥宮
要石
要石
奥宮からさらに奥に進むと要石があります。地中深くまで埋まる要石が、地震を起こす鯰の頭を抑えていると古くから伝えられています。
 
写真を拡大するとわかりますが、地上に出ている部分はわずかです。
 
ですが地下奥深くまで伸びて、地震からこの地を守ってくれているのでしょうね。
 
下の右写真(大鯰の碑)は、ナマズの上に乗っている神様です。
 
要石にまつわる水戸黄門の話
水戸の徳川光圀公がどこまで深く埋まっているか確かめようと7日7晩にわたって掘らせたものの、いつまで経っても辿り着くことができなかったばかりか、怪我人が続出したために掘ることを諦めた、という話が黄門仁徳録に記されています。 
 
わあ~すごい!驚きです。
要石解説の立札
大鯰(おおなまず)の碑
お猿さんが腰かけているような木
奇妙な木
鹿島神宮内を歩いていたら奇妙な木を発見したので写真に撮りました。お猿さんが腰かけているような、木にしがみついているような奇妙な木です。笑っちゃいますね。写真を拡大してご覧ください。
 
格式高い鹿島神宮
境内を一通り廻ったら、パワーを頂いたような感じになりました。神社には大きく分けると2種類があり、日光東照宮のように、実在した偉人を神様として祀る神社と、神話から生まれた神様をお祀りする神社があります。
 
鹿島神宮は後者になり、また、そうした神話の神様を祀る神社の中でも、最初に「神宮」と呼ぶことを許されたのは、伊勢神宮、香取神宮、鹿島神宮の3社だけとのこと。格式の高さでは別格なのですね。
 
マリマリ②もご覧ください。
そんなことを思いながら拝殿前を通り、楼門をくぐって駐車場へ。日が暮れないうちにひたちなか市に帰りました。マリマリ②はひたち海浜公園のお花の写真をたくさん載せていますのでこちらもご覧ください。
お猿さんが木にしがみついているように見えます
お猿さんが木にしがみついているように見えます
拝殿
楼門

マリマリからの発信② ひたち海浜公園のネモフィラとチューリップとパンジー

2019-04-18
NEW
ひたち海浜公園の人工池と噴水
前回のブログで約束した「ひたち海浜公園」のネモフィラとチューリップの写真を撮ってきました。
 
先日(16日)のネモフィラとチュ―リップとパンジーです。ネモフィラとチューリップは満開まではもう少しかな~?今週末あたり満開かも知れません。
 
右の写真はひたち海浜公園の西口・翼のゲートを入って正面にある人工の池。
 
池には霧状のミスト噴水とリング状の直上噴水があります。
パンジー
「風笛」を聴きながらの散歩
運動不足の方には、ひたち海浜公園はとても良いですよ。何故かというと、とても広いですからたくさん散歩ができます。しかもお花を見ながらのお散歩ですから楽しいですよ~。
 
私はこれからの季節、風笛(NHK連続ドラマ、あすかのテーマ曲)を聴きながらのひたち海浜公園散歩が大好きです。お近くにお出での際、良かったらオーガニックのランチいかがでしょうか?!皆様のお越しをお待ちしております。ではまた、レストラン「ルチュ」のマリマリからでした。ごきげんよう。

新井行雄からの発信   山形の「くじら餅」と東村山の桜

2019-04-10
最上地区の位置、山形県HPから
エコサンテの新井行雄でございます。先日、山形県最上地区在住(赤丸あたり)でエコサンテ液をご愛飲くださっている方から、珍しいお菓子を頂きました。
 
その方は70代男性N様で、以前、急性リンパ性白血病に罹りましたが、その後寛解され、弊社にも来社くださったことがあります。
 
今ではすっかりお元気になり、昨年11月にはご自身が栽培された山形県産の高級米「つや姫」も送ってくださいました。「つや姫」は粘りと甘みがあり、おかずがいらないほどとても美味しいお米でした。
くじら餅。黒く見えるのは胡桃です。
山形県最上地区の伝統菓子「くじら餅」
前置きが長くなりましたが、その珍しいお菓子とは、最上地区あたりでは古くからひな祭りのごちそうとして各家庭で作られてきた「くじら餅」という名のお菓子です。(右の写真。自家製です)。
 
漢字では、山形は久持良餅、青森では久慈良餅と書くそうです。一方ひらがなは、「くじら」ではなく本当は「くぢら」と書くそうです。
 
名前から連想される海のクジラは、当然ながら(残念ながら)入っておりません。最上地方のひな祭りは一ヶ月遅れの4月3日に行われるため、弊社にもその頃届きました。
 
基本の「くじら餅」は、もち米とうるち米の粉を水で練り、胡桃・砂糖水を加えて、せいろで蒸したもの。味付けは、醤油味・味噌味などがあるそうです。興味のある方は検索するとたくさん出てきますのでご覧ください。
 
出来立ては柔らかいのでお好みの厚さにカットして頂きます。日にちが経つと固くなるので、オーブントースターで焼くとまた違った美味しさが楽しめるとのことです。
 
そんな伝統菓子のある最上地区の桜開花時期を調べてみました。日本列島桜前線は徐々に北上しているようですが、山形最上地区の桜開花はまだのようです。
提供:山形県 最上公園
山形県最上の桜は4月下旬あたりから
最上地区随一の桜の名所として知られている新庄城址(しんじょうじょうし)・最上公園の桜の見頃は4月下旬とのことです。(写真は昨年の最上公園の桜、提供:山形県)
 
最上公園の位置は、上の地図画像を拡大してください。紫色の円あたりになります。山形というと山寺(立石寺)(山形駅から仙山線で20分)には2~3度行ったことがありますが、新庄あたりはまだ行ったことがありません。
 
新庄駅までの時間を調べてみると東京駅から山形新幹線で3時間半前後。ですので機会があったら数日間過ごしてみたと思っております。
 
山形から「くじら餅」が届いた日、以前から予定していた弊社関係者が在住する東村山市に行って来ました。
東西線・門前仲町駅→高田馬場駅。西武新宿線・髙田馬場駅→久米川駅。
東村山でサイクリング
久米川駅改札口を出ると弊社関係者Hさんが自転車で迎えに来ておりました。Hさんは、このあたりの桜の名所をご案内しますから自転車で巡りましょうと。
 
そして、地下駐輪場(下の左の写真)で自転車をレンタルし(下の右の写真、新品に近い自転車を貸し出してくれました)、久しぶりに自転車に乗りました。
 
この日は前日までの寒さがうそのような、暖かく風もない穏やかな快晴の日で、最高のサイクリング日和でした。
駅前の喧騒を抜け、周辺の景色を眺めながらゆっくりしたサイクリングはとても快適で気持ち良いものでした。そして、いくつかの桜の名所を巡り、一番休憩のしやすい公園に来ました。
 
東村山・下堀公園の桜 夢心地のひととき
この公園は、東村山市青葉町の空堀(からほり)川沿いにある下堀公園です。空堀川は、空堀というだけあり川には水が流れていませんでしたが、台風の時などは川が氾濫するくらいの水量になるとのことです。
 
下堀公園で腰をおろししばし休憩していると、私達の近くに1歳くらいの男の子とお母さんが腰をおろしました。男の子がこちらに視線を向けたので、面白い顔をして笑わせていると、こちらにニコニコしながらヨチヨチ歩いて来たのです。
 
Hさんは同居する3歳のお孫さんがいるので小さな子供のあやし方には慣れたものでした。そのうちお母さんも近くに来て、春の穏やかな日差しの中、一緒に話をしながらのんびりとした時間を過ごしました。
 
ここで終われば綺麗なエンディングでしたが、続きがあります。
東村山市、下堀公園
東村山市、下堀公園
東村山市、下堀公園
JR新宿駅東口
夢心地から、再び現実世界へ
帰路の電車内で、健康であること、ゆったりとした時間を持てること、日常が平和であることなどは本当に有難いことだな~との思いにふけりながら過ごしていましたら寝てしまいました。
 
気づいたら乗り過ごして終点の西武新宿駅、仕方なくJR新宿駅まで向かいましたら、帰宅ラッシュ前ではありましたが、夕方近くになっていたので人が集まり始めたくさんの人が行きかっておりました。
 
さっきまでの夢心地気分はすっかり消え、否応なく現実世界へ・・・、と同時に空腹感もよぎってきたので久しぶりに新宿でお蕎麦を食して行こうかと・・・。
 
食したお蕎麦は十割そば、噛んだ瞬間、蕎麦の味と香りがふわっと口中に広がりとても美味しかったです。新宿からは地下深い都営地下鉄の大江戸線に乗車。乗り換えなく門前仲町まで行けるので楽です。西武新宿線のように寝過ごさないようイヤホンで音楽を聴きながら我が町門前仲町へ。
 
帰宅後、山形から届いた「くじら餅」を頂きましたら、やさしい甘さでくせになりそうな美味しさでした。
桜花爛漫、花盛り。桜前線は北上中、とにかくご自愛くださいませ。エコサンテの新井でした。

マリマリからの発信  姪たちとハワイに行って来ました。

2019-04-04
夢国籍庶民料理&オーガニック料理「ルチュ」を営んでいるマリマリです。過日、姪たちと常夏の島・ハワイに行って来ました。8泊10日の旅です。
 
成田空港からハワイアンエアラインに乗ってハワイオアフ島のダニエル・K・イノウエ国際空港(旧名称・ホノルル国際空港)へ。
 
右の写真はオアフ島間近の頃の日の出の様子です。とても綺麗でした。日本とハワイの時差は19時間です。日本が19時間進んでいます。
ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧・ホノルル国際空港)
成田空港21時の便で出発し、ダニエル・K・イノウエ国際空港に8時50分(ハワイ時間)に到着。往路の飛行時間6時間50分でした。
 
空港から宿泊先のヒルトン・ハワイアン・ビレッジまでタクシーで移動し、ホテルに荷物を預けてから、近所でチェックインまでのんびり過ごしました。
 
ホテルの前には、安全・設備・利便などが総合的に高く評価され、2014年全米ベストビーチNo.1に輝いた『デューク・カハナモクビーチ』があります。下の写真はヒルトン・ハワイアン・ビレッジのシンボル・オブジェです。
ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのシンボル・オブジェ
「メネフネ・キング」彫刻 カミーユ作
ハワイの妖精「メネフネ」
右の写真はヒルトン ハワイアン ビレッジのガーデンにあるオブジェ。彫刻 カミーユ作「メネフネ・キング」
 
メネフネとは、ハワイ諸島に住んでいたといわれる伝説上の小人族。“妖精”とも言われ、長年にわたり愛され続けています。
 
メネフネたちは昼間寝て、夜働くという習性を持っていたとのことです。とにかく、ハワイの伝説では欠かせない存在なのです。そんなメネフネには、当然不思議な力があったみたいです。
 
中でも凄いのが、虹を作った伝説。ハワイは雨が降っても虹がかかることがなく、グレーの空が存在しているだけだったようです。
 
そんなとき「虹を作ろう!」と言ったのがメネフネだったと・・・。
そしてなんと、メネフネたちが虹も作っちゃったとのこと。(え~、すご~い!)♥
 
 
下の写真はデューク・カハナモクビーチの写真とホテルの部屋からの写真など。夕陽も本当に綺麗で、素晴らしかったです。ハイビスカスの花も綺麗でした。ハワイでハイビスカスは”神様へ捧げる花”とされていて、黄色のハイビスカスはハワイ州の州花になっています。
 
ハイビスカスの花言葉は、「上品な美しさ」、「繊細な美」、「新しい美」、「信頼」ですって。(うんうん)
ホテルの部屋のベランダの柵に止まり休憩してるハトさん
ホテルの部屋からの景色
右の写真、拡大してご覧ください。美しい景色がご覧いただけます。海育ちの私ですが、ハワイの海はいつみても本当に美しいな~と感じます。
 
写真の中央ライン(ベランダの柵)にはハトが綺麗な間隔で留まっています。あまりにも綺麗な間隔で留まっているのでフェイクかと思われるかもしれませんが、これは本当に本物なのです。
 
毎日ハトがやってきては、同じ方向を向き休憩していたので、もう可愛くて可愛くて・・・。
姪たちとニコニコしながら眺めていました。
 
ハワイお決まりのハンドサインと言ったら・・・ Shaka「シャカ」
ハワイで写真に写るときのお決まりハンドサイン。親指と小指を立てるポーズ「シャカ」。ハワイでは、keiki (子供) から kupuna (お年寄り) まで、誰もがシャカを使って友情、感謝、親善、激励、結束を表現します。
 
姪(今春から中学生)も私もシャカサインで友情表現!シャカの意味はこちらをご覧ください。
お決まりのハンドサイン「シャカ」。姪とマリマリ
マリマリです。
ドルフィンツアーとKCCファーマーズマーケットと朝ヨガ
イルカ大学スクールバスに乗って(下の写真①)、ドルフィンツアー(名門イルカ大学コース)下の写真②。クルージングとシュノーケリングを楽しみました。イルカちゃんとも泳いで来ました。
 
土曜日にやっているKCCファーマーズマーケットにも行ってきました。下の写真③④。そして健康のため朝ヨガにも参加しゃいました。早朝の月も綺麗でした。
早朝のお月様
朝ヨガ
帰る間際部屋から撮った景色
帰りの飛行機
朝の成田空港
ハワイから帰国、ホテル日航成田で一泊
ハワイからの帰路飛行時間は約9時間半でした。往路は6時間50分でしたから、3時間近くの長い飛行時間となりました。
 
ハワイへは何度も行っているので、何故かな~と調べましたら、これは偏西風/ジェット気流が原因のようです。
 
日本から東へ(ハワイ)行くときには其の流れに乗り加速されて早くなり、逆にハワイから西へ(日本)行くときはそれに逆らうので遅くなるとのこと。(うんうん、理解できた)
 
帰国したその日は成田のホテル日航成田に泊まりました(ふぅ~)。写真は翌朝の成田空港の様子です。早朝から成田空港は活気がありました。
 
地元に帰ると桜が見ごろになっていたので、何だかショートカットにしたくなり美容室へ。健康体になった私は、今ではなんと美容室は東京の代官山まで行っているのです。マリマリのページに美容師さんとのツーショットを載せましたのでご覧ください。
 
こんなに元気を頂けるようになったのは、まず第一に神様のおかげ、第二に母・家族のおかげ、第三にお医者さん?エコサンテ?のおかげかな~・・・。ではまた、ごきげんよう。

丹羽美穂からの発信  お休みをいただきサンフランシスコに行って来ました。

2019-03-25
ミージュ―マーマ丹羽美穂です。
 
お休みをいただきサンフランシスコに行って来ました。
 
坂、坂、坂の町ですが、今はグーグルマップで坂があるかないかもわかるんですね。
 
バスの乗り方もグーグルを見ればすぐわかるし初めての土地でもそんなに迷う事なく5泊してきました。
これらは町のドラックストアー。
(下の写真)
 
どこのお店でもずらーっと腸内環境のサプリが大量に並んでいます。
 
日本人だから…ではなく、今は世界で腸内環境が大事!便秘やら下痢で悩んでる人が多い事がわかります。
 
 
エコサンテも最近は海外の方に注目されています。弊社も最近、エコサンテ物産より英語版の資料を取り寄せてニュージーランドの方に説明をさせていただきました。
 
腸内環境サプリメント
腸内環境サプリメント
腸内環サプリメント
腸内環境サプリメント
今回はマイルでビジネスクラス。機内食は前菜だけいただき、あとはいつも必ず持ち込むのが果物。他の物はいつも食べず、ひたすら、お水かペリエのみで過ごし、旅先のご飯を楽しみます。
機内食
持参の果物
サンフランシスコで1番美味しかったのが、ベドナム料理ですが、カニのガーリックロースト。

青パパイヤのサラダでスッキリと口直し。このムール貝は今まで食べたムール貝でダントツで美味しいので是非オススメのお店。
 
日本人が多いといろんなところに書いてありますが、飛行機も満席なのに、今回の5泊、ほとんど日本人は見かけなかったんです。ホテルもレストランも。
5泊もしたので、観光もしました。
ヨセミテ国立公園!これはナルニア国を思い出す情景でした。(下の写真①②)
 
映画でもお馴染みのゴールデンゲートブリッジ。(下の写真③)若い時から海外に重宝なのが、JALシティマップ。これに慣れてるとこれ以外は見にくくて。(下の写真④)非日常のサンフランシスコの旅。リフレッシュ出来ました。
 
ワンちゃんの腸活相談も承ってます、ミージュマーマの丹羽美穂でした。ではまた。
ヨセミテ国立公園①
ヨセミテ国立公園②
ゴールデンゲートブリッジ③
JALシティマップ④

これまでの主な画像のスライドショー 

2018年10月の八ヶ岳の景色  撮影者:山梨のなっちゃん

京都「一平茶屋」、コース料理〆の鱧しゃぶの お出汁で にゅうめん プーさん

ひたちなか海浜公園・夕陽と西ゲート前の噴水  撮影:マリマリ

レストラン「ペニーレイン」、ビートルズの「アビーロード」ジャケットの壁画

ひたちなか海浜公園、コスモスの花とコキアの紅葉  撮影:マリマリ

母がなっちゃんとキノコ採り  撮影:山梨なっちゃん

サックス教室国立の岡野秀明先生。ライブ活動も盛んです。 撮影:奥様?

北野天満宮近くにある「糸源 ぎんなん」、甘鯛の銀餡掛け 撮影:プーさん

デザートのような白和え3種盛(柿、無花果、シャインマスカット)撮影:丹羽美穂

群馬のソウルフード「焼きまんじゅう」 撮影:羽鳥元久

ハロウィンで仮装。プーさんとプーさんの可愛い奥さん。

高知アンテナショップ2階「まるごと高知」のカツオのタタキ 撮影:丹羽美穂

塩原温泉、旅館「下藤屋」。 マリマリが浴衣でポーズ。

山形在住のエコサンテ愛飲者から届いた山形のお米「つや姫」  撮影:新井行雄

なっちゃんと散歩する母  撮影:山梨のなっちゃん 

京都・蓮華寺 綺麗な紅葉を背景に写るプーさんの可愛い奥さん 

2018年11月下旬の富士山  撮影:マリマリ

2018年9月中旬、寛解報告に来社くださった素敵なご夫婦。撮影:新井行雄

ミージュマーマ・丹羽美穂です。エコサンテ液は、ペットの腸活にも役立ちます。

USJの電飾数ギネス世界記録・クリスマスツリー 撮影:マリマリ

2018年」12月クリスマスパーティー!しげるちゃん夫婦とプーさん夫婦

2018-12-25 母の年賀状用の写真

2018年12月28日 出雲詣り

2018年12月28日 出雲詣り

2019年元旦~3泊4日・四国の旅

2019年元旦~3泊4日・四国の旅

2019-01-14 ニューイヤー駅伝

2019-01-14 ニューイヤー駅伝

芦ノ湖からの富士山 撮影:マリマリ

鎌倉プリンスホテルからの富士山と江の島  撮影:マリマリ

エコサンテ新井、初めてのプレゼンテーション(インテックス大阪)

エコサンテ新井、初めてのプレゼンテーション(インテックス大阪)

南国料理の勉強を兼ね母とカンボジアへ行って来ました。

南国料理の勉強を兼ね母とカンボジアへ行って来ました。

南国料理の勉強を兼ね母とカンボジアへ行って来ました。

東京マラソン折り返し地点とチャーミングな女将さん

東京マラソン折り返し地点とチャーミングな女将さん

次のページはTOPページです。

有限会社エコサンテ物産
〒135-0047
東京都江東区富岡1丁目23番17号
TEL.03-5621-1122
FAX.03-5621-1123
 
TOPへ戻る