本文へ移動

ブログ

エコサンテ関係者ブログ

エコサンテ関係者ブログにお出でくださり誠に有難うございます。このページの下段もご覧ください。これまでに投稿された写真の一部がスライドショーでご覧いただけます。

マリマリから発信②。南国料理の勉強を兼ね母とカンボジアへ行って来ました。

2019-02-13
アンコールワット遺跡群は広いため、すべてを観光するには3日ではとても回りきれません。ですが、遺跡を観光しながら歩いているので良い運動になります。
 
10代まで病弱だったので、どこへ行っても健康のことを考えてしまいます(健康になった今に感謝!)。
 
カンボジアの気候は、11月~5月頃まで乾季で、私たちが行ったのは2月上旬、なので雨は降らずカラっとしていました。
 
日本は真冬なのに、連日気温は36度ほどありましたから、観光には良い時期だったのかと・・・。
 
とにかく日差しが強いですから、帽子やサングラスは必需品ですし、それと水分補給のため水筒も当然必要となります。日本の真夏みたいなものですから。
 
下の写真はバンテアイ・スレイ遺跡での母とのツーショット。母はお琴の先生をしているのですが、本当に元気です。色んな所を観光しているのに疲れ知らずです。普段体調に合わせてエコサンテも飲んだりしていますが、母は本当に元気なのです。母の元気な姿を見てると私も元気が湧いてきます。
バンテアイ・スレイ遺跡
バンテアイ・スレイ遺跡
写真はたくさん撮ってるのですが、アンコールワットの遺跡群は本当に広くて、どこの遺跡で撮ったものなのか、わからなくなってきました。下の写真、アンコールワット中央祠堂の階段写真を拡大してみてください。
 
階段が急で見ていても怖い感じがしますが、私は登ってみました。上で万歳しているのが私です。ただ登ったら降りなければなりません。一段一段の幅が非常に狭いので、降りるときは登りよりもっと怖かったです。
 
怖い思いをしても登る価値は十分あると思いますが、無理は禁物だと感じました。一時期登頂禁止になったと聞きましたから。理由はお察しの通りかと・・・。
 
遺跡めぐりのあとは「アプサラダンス」のディナーショーでリラックスタイム。
アンコールワット中央祠堂の階段
カンボジアのお花。名称は?
カンボジアのお花。名称は?
タプローム遺跡
カンボジアのお花。名称は?
アンコールワット遺跡の尖塔部分
最後に、カンボジアと言えばこの踊りをお伝えしなければ・・・「アプサラダンス」
「アプサラ」とは、カンボジアに古くから伝わる宮廷舞踊の一つ。手の動きに特徴があり、古代ヒンドゥー神話に登場する水の精を表現しているとか・・・。アプサラは『天使・天女』を意味し、踊りは神への祈りとして捧げらるものですって(うんうん)。
 
9世紀頃に生まれたこの宮廷舞踊は、アンコール遺跡のレリーフにも数多く登場する踊りで、今やカンボジアの名物になっています。女性たちは皆さん綺麗でした。
 
踊り子の反り返った手と指の動きが特徴的ですが、それぞれの手や指の動きには意味があり、生命の一生、儚さを花の芽生えから実が落ちるまで例えて表しています。ですって(なるほど)(カンボジアナビより一部抜粋)
 
楽しいカンボジア旅行も帰国時間が迫ってきましたのでプノンペン国際空港へ
アプサラダンス
アプサラダンス
アプサラダンス
アプサラダンス
アンコールワットでの夕陽
日の出の頃の成田空港
プノンペン国際空港を夜中の便で出発し、成田空港にはちょうど日の出の頃到着しました(写真)。機内泊を含め6泊7日のカンボジア旅行でした。
 
身体が弱かった私ですが、母が色々面倒見てくれて、今では国内外の旅行に出かけられています。母のサポートには本当に感謝しかありません。
 
私が営んでる「ルチュ」は南国風無国籍料理なので、カンボジア旅行は大変勉強になりました。長々と書いたブログ、最後まで読んでくださり、本当に有難うございました。マリマリでした。ごきげんよう。
 

新井行雄からの発信。  初めてのプレゼンテーション

2019-02-01
ベンチャーフェア2003、弊社ブース
こんにちは!エコサンテの新井行雄でございます。
資料の整理をしておりましたら、初めてのプレゼンテーションの写真などが出てきましたので、懐かしく思いブログに書いてみたいと思いました。
 
まず最初に弊社が公にデビューしたのは東京ビッグサイトで開催されたベンチャーフェア2003でした。
 
左の写真はその時の弊社ブースの様子です。女性スタッフと羽鳥元久君が活躍しております。
 
下の写真は開催前のオープニングセレモニーと会場入り口(受付)の様子です。
 
ベンチャフェ2003・オープニングセレモニー
会場入り口(受付)の様子
公のデビューを果たしたのち、その時点で明らかになった研究成果などを人前で発表したい気持ちになってきました。するとタイミング良く「医療・健康福祉産業マッチングフェア2004」の展示会案内が届いたのです。
 
開催場所はインテックス大阪でした。東京デビューを果たしたので大阪デビューも果たしたいと早速応募しました。その当時、公的機関の展示会には書類審査があり、それに採択されないと出展できない決まりになっておりました。ベンチャーフェアも同様。
 
ですが審査に通過すると無料で出展できるという大変大きなメリットがありました。ですのでベンチャフェアに続きチャレンジしてみましたら、幸い採択されたので大阪デビューも果たせることになったのです。
 
ちなみに宿泊先はホテルフクラシア大阪ベイ(旧:ホテルコスモスクエア国際交流センター)を利用しました。インテックス大阪から徒歩2分程の場所にあったからです。とても便利でした。
 
下の写真はインテックス大阪・正面入り口広場と、「医療・健康福祉産業マッチングフェア2004」開催初日のオープニングセレモニーの様子です。
インテックス大阪、正面入り口広場
医療・健康福祉産業フェア オープニングセレモニー
展示会開催日は2004年2月26日~27日。1月にプレゼン募集がありましたので、ここで最初のプレゼンをしてみようと応募したのです。
 
2月3日付で可否を告げる通知がFAXで届きました(左の画像をクリックしてご覧ください)。
 
プレゼンが決まったことに、期待と不安が交錯していたことを憶えております。そして慣れないパワーポイントでプレゼン資料の作成に取り掛かりました。
 
医療・健康福祉産業マッチングフェア2004弊社ブース
私のプレゼン日は展示会2日目。開催初日はブースで名刺交換などをし、その合間合間はプレゼン資料のチェックなどをしながら過ごしました。左写真は弊社ブースです。
 
初日が終わったのち、宿泊ホテルで発表内容を時間内にお伝えできるか実際に時間を計りながら最終チェックをしました。
 
いよいよ当日。プレゼン時間は、午後2:20~20分間。それまで何度かブースを離れ、他の方のプレゼンを聴いたりしていたのですが、全く耳に入らず緊張感が増すばかりでした。
そしていよいよ時間が迫り、場内アナウンスで名前が呼ばれ、弊社ブースからプレゼンステージへ。会社設立後、人前でする初めての発表の時です。備え付けのノートパソコンの操作が初めてでしたので少し戸惑いましたが、客席を見るとご覧のように人がまばらでしたので(下の写真)、急に緊張感が解けてくるのを感じました。
 
人の入りが少ないのはある程度予想しておりましたが、こんなに少ないとは思っていませんでした。まあ、知名度もなければ題目も斬新なものではなかったので当然の結果かと・・・。プレゼン終了後、1名の方から名刺交換を求められ、とても嬉しかったことを憶えております。
 
とにかく、成功には程遠かったですが、大阪デビューと初めてのプレゼンテーションは無事に終わり、ちょっとした達成感を味わっておりました。私の前に立っている方は京都の大豆専門紙・記者の方です。有難いことに、後日弊社のことを記事にしてくださいました。
展示会終了後は、真っすぐ新大阪駅まで向かいました。期間中は展示会場とホテルとの行き来のみでしたが、それなりに充実した日々を感じておりました。
 
新幹線乗車後、ホッとしながら飲んだ缶ビールは本当に美味しかったです。そして帰りの車中は、限られた時間内に自分の伝えたいことを上手に話すことの難しさを思いながら過ごしておりました。
 
あれから間もなく15年が経ちます。エコサンテ液が現在、海外進出までしていることを思うと感慨深いものがあります。ではまた。エコサンテ新井でした。
 

マリマリからの発信。    年を重ねるということ

2019-01-25
こんにちは!茨城のマリマリです。幼少の頃から病弱だった私が、先日無事にまた年を重ねることが出来ました。でも少し複雑で・・・。ベッドで横になっていた頃は、元気になりたい!ただそれだけだったのに・・・。
 
30代前半までは抵抗なく喜べたのに・・・。健康になり、仕事も充実し、心の余裕が出てきたら、いつの間にか40を超えた私がいて・・・、今度は年のことを気にしてる。以前から比べるとなんと贅沢な悩みでしょう。
 
リンカーンは「男は40を過ぎたら自分の顔に責任を持て」と言ったそうです。う~ん。
では女性はどうでしょう?やはり女性も生き様が現れる?!うん、うん(私見です)。
 
ならば、肉体的変化ばかりに気を取られず、内面にも磨きをかけ、品のある魅力的な女性になりたいと・・・。ということで、今年から「健康体で暮らせる日々に感謝しながら、内面豊かな女性になる。」を胸に日々を過ごして行きたいと思っています。
 
下記の写真は、過日宿泊した「箱根翡翠ハーベスト」。私は毎月、箱根神社参拝に行っています。理由は2018-11-30マリマリのブログに書きましたので良かったらご覧ください。
箱根翡翠ハーベスト
箱根翡翠ハーベスト
芦ノ湖と遊覧船
芦ノ湖からの富士山    芦ノ湖に立つ朱色の大きな「平和の鳥居」
本覚寺の本えびす(十日えびす)
箱根神社参拝の翌日、今回は鎌倉にある本覚寺の本えびす(十日えびす)にも行って来ました(写真)。福娘さんたちが、杵と臼で福餅をつき、振る舞ってくれました。また、お神酒や甘酒も振る舞ってくれました。本当に感謝!感謝!有難うございました。
 
2日目の宿は鎌倉プリンスホテルです。このホテルは七里ヶ浜にあります。七里ヶ浜と聞くと「七里ヶ浜の磯づたい~」で始まる唱歌を思い出す方もいらっしゃるかと思います。
 
その七里ヶ浜に建つ鎌倉プリンスホテルは全室オーシャンビュー。部屋から江の島と富士山が見えたので写真を撮りました(下の写真)。
江の島と富士山(鎌倉プリンスホテルから)
本覚寺の参拝後、江の島にも立ち寄りましたので海の様子を撮りました(下の写真)。この日は本当に海が穏やかで綺麗でした。私の地元・阿字ヶ浦海岸からの海も美しいですが、こちら江の島海岸からの海も本当に美しかったです。
 
真夏の江の島と違い、真冬なので人通りは少なく、時がゆっくりと流れているように感じられました。海育ちの私ですが、山も山登りも好きです。富士山にも登ったことがあります。もちろん山頂まで登りました。でも、やはり海を見てると落ち着きます。
 
月に1度訪れている箱根は、ドライブ好きな私にとっては程よい距離で、良い気分転換にもなります。以前、和歌山まで車で行ったときはさすがに疲れましたが、伊勢神宮参拝の時はいつも車です。十代の頃までベッド生活の私がこんなにタフになるなんて・・・。神様、本当に有難うございます。エコサンテも。
 
とにかく病弱だった反動なのか?大人になって健康になった私はアウトドア派で、車の運転以外にバイクの運転にも興味を持ち、バイクの免許も取得してしまいました。しかも大型免許。大型バイクが大好きなんです。
 
ですからハーレーミーティングにも参加したりして楽しんでいます。以前は少しスピードを出していましたが、最近は安全運転に心がけています。ハーレ―は晴れた日に(だじゃれ・笑)、直線道路をのんびりと走るのが醍醐味かな~と最近思っています。
江の島からの景色
江の島からの景色
江の島からの景色
江の島からの富士山
左から墨田区役所、東京スカイツリー、アサヒビール本社、スーパードライホールと、その上にある「炎のオブジェ」
帰路は一般道から東名に入り、黄昏時の首都高を走り、常磐道へ。この景色が見えたら常磐道もまじか(写真)。東京スカイツリーができたので、景色も最高です。
 
常磐道に入ったら、友部JCTから北関東道→水戸南IC→東水戸道路→ひたちなかIC。北関東道が完成したおかげで本当にスムーズに移動できるようになりました。
 
何はともあれ、これからが寒さ本番、着膨れしないようおしゃれに防寒対策をしたいものです。ついこの間まで年を取ることが憂鬱だったマリマリからでした。では皆様、ごきげんよう。

なっちゃんからの発信。 冬の暮らし。

2019-01-20
我が家用に用意した薪
こんにちは!山梨のなっちゃんです。
標高1050㍍の我が家は10月から3月頃まで薪ストーブを焚いています。
 
毎年5月頃に、ご近所の方にお願いして薪を用意します。火を点けるのは、母の得意技です。
 
母曰く、細い薪も火のつけ始めには必要と、自分で薪割りもやっています。この姿を見た時には驚きました!まさか薪割りが出来るなんて!
 
薪割をする母
斧の降り方?が上手なんだとは思いますが81歳!
アッパレ(笑)。胆管癌の術後からエコサンテを飲み始めてもうすぐ4年になりますが、母のこの体力も
エコサンテのおかげだと思っています。
 
主治医がこの手術をした方はあまり太れないと言っていましたが母は5㌔位太り食欲旺盛です!薪ストーブは煮物や焼き芋などお料理にも大活躍です。
 
そして毎年2月には母と味噌作りをします。また、その様子はお伝えしますね。なっちゃんも、薪ストーブの前がお気に入りです。
細い薪も火のつけ始めには必要と、自分で薪割りをする母
薪ストーブ前が好きななっちゃん。皆さん、こんにちは!宜しくです。

羽鳥元久からの発信。    2019年ニューイヤー駅伝

2019-01-14
こんにちは!群馬は前橋の羽鳥元久です。
2019年1月1日(火・祝)、「第63回全日本実業団対抗駅伝」(通称・ニューイヤー駅伝 2019)が開催されました。TBS系列で全国放送されていますから、ご存知の方も多いと思います。
 
群馬県庁前を朝9時15分スタートです。我が家の近所が駅伝コース(3区)になっているので選手の走りを生で見て来ました。
 
そのスピードはテレビで見ているのとは大違いで、本当に驚かされました。
高崎からタスキを受けた選手(2区)が利根川を越えるとすぐに3区の中継ポイントになります(我が家の近所)。
 
左のコースマップを拡大してください。赤丸が付いてるあたりが我が家の近所で、選手は高崎駒形線(県道)の一部区間を走り、伊勢崎までの13,6Kmを走って行きます。
 
選手の走りは、50m走を全速力で走る中学生男子くらいのスピードがあると感じました。そんな選手の勇姿を撮りましたのでご覧ください。先導する白バイ隊も凛として格好良かったです。
選手を先導する群馬県警の白バイ隊
旭化成・鎧坂哲哉選手、MHPS・目良隼人選手、カネボウ・平 和真選手、トヨタ自動車・大石港与選手
八千代工業・甲斐翔太選手、安川電機・野村峻哉選手、住友電工・田村和希選手
富士通・松枝博輝選手
スバル・牧 良輔選手  九電工・東 遊馬選手
駅伝は日本発祥のスポーツですが、「柔道」「空手」などの日本発祥競技と比べると、世界的には地味な競技と見られている感があります。
 
でも日本では駅伝が人気です。なぜなら、苦しくともただひたすらチームのために「たすき」を渡すということが、日本人精神にマッチしてるからだと・・・
 
イギリス人のジャーナリスト、アダーナン・フィン氏も著書「駅伝マン――日本を走ったイギリス人」(早川書房)の中で、「高度経済成長の原動力にもなった日本人の「和」を尊ぶ思想にピタッとハマった競技だからではないかと考察している。」
 
「駅伝チームは、すべての参加者が自分の役割を果たして勝利を得る。つまり、全員がチームのために一丸となって闘わなくてはいけない。それが当時の日本人の精神と合致し、少しずつ駅伝の知名度が上がり、マラソンを凌ぐほどの人気を博すようになったのだった」(「駅伝マン――日本を走ったイギリス人」、第4章「和をもって駅伝となす」より)と申しております。
 
う~ん、なるほどと思うのは私だけではないと・・・。とにかく私は選手が一生懸命走る姿を生で見て感動しました。そして同時になぜだかエコサンテ心得十か条が脳裏によぎっていることにも気づかされました。
 
何はともあれ今年も始まりましたので、日々を大切に過ごしたいと思っています。羽鳥元久が、年間日照時間(太陽が照った時間数)が都道府県の中でも上位にある群馬県前橋市からお届けしました。ではまた。
 
(追記)冬は「からっ風」(赤城おろしとも呼ばれています)が凄いのですが、今年の元旦は風のない穏やかな日でしたので選手も走りやすかったかと思います。
 
2019年ニューイヤ駅伝の結果はこちらをご覧ください。

これまでの主な画像のスライドショー 

2018年10月の八ヶ岳の景色  撮影者:山梨のなっちゃん

京都「一平茶屋」、コース料理〆の鱧しゃぶの お出汁で にゅうめん プーさん

ひたちなか海浜公園・夕陽と西ゲート前の噴水  撮影:マリマリ

レストラン「ペニーレイン」、ビートルズの「アビーロード」ジャケットの壁画

ひたちなか海浜公園、コスモスの花とコキアの紅葉  撮影:マリマリ

母がなっちゃんとキノコ採り  撮影:山梨なっちゃん

サックス教室国立の岡野秀明先生。ライブ活動も盛んです。 撮影:奥様?

北野天満宮近くにある「糸源 ぎんなん」、甘鯛の銀餡掛け 撮影:プーさん

デザートのような白和え3種盛(柿、無花果、シャインマスカット)撮影:丹羽美穂

群馬のソウルフード「焼きまんじゅう」 撮影:羽鳥元久

ハロウィンで仮装。プーさんとプーさんの可愛い奥さん。

高知アンテナショップ2階「まるごと高知」のカツオのタタキ 撮影:丹羽美穂

塩原温泉、旅館「下藤屋」。 マリマリが浴衣でポーズ。

山形在住のエコサンテ愛飲者から届いた山形のお米「つや姫」  撮影:新井行雄

なっちゃんと散歩する母  撮影:山梨のなっちゃん 

京都・蓮華寺 綺麗な紅葉を背景に写るプーさんの可愛い奥さん 

2018年11月下旬の富士山  撮影:マリマリ

2018年9月中旬、寛解報告に来社くださった素敵なご夫婦。撮影:新井行雄

ミージュマーマ・丹羽美穂です。エコサンテ液は、ペットの腸活にも役立ちます。

USJの電飾数ギネス世界記録・クリスマスツリー 撮影:マリマリ

2018年」12月クリスマスパーティー!しげるちゃん夫婦とプーさん夫婦

2018-12-25 母の年賀状用の写真

2018年12月28日 出雲詣り

2018年12月28日 出雲詣り

2019年元旦~3泊4日・四国の旅

2019年元旦~3泊4日・四国の旅

2019-01-14 ニューイヤー駅伝

2019-01-14 ニューイヤー駅伝

芦ノ湖からの富士山 撮影:マリマリ

鎌倉プリンスホテルからの富士山と江の島  撮影:マリマリ

エコサンテ新井、初めてのプレゼンテーション(インテックス大阪)

エコサンテ新井、初めてのプレゼンテーション(インテックス大阪)

南国料理の勉強を兼ね母とカンボジアへ行って来ました。

南国料理の勉強を兼ね母とカンボジアへ行って来ました。

南国料理の勉強を兼ね母とカンボジアへ行って来ました。

東京マラソン折り返し地点とチャーミングな女将さん

東京マラソン折り返し地点とチャーミングな女将さん

次のページはTOPページです。

有限会社エコサンテ物産
〒135-0047
東京都江東区富岡1丁目23番17号
TEL.03-5621-1122
FAX.03-5621-1123
 
TOPへ戻る