本文へ移動

代表者挨拶

この度は弊社サイトにお出でくださいまして誠にありがとうございます。飲みやすさより「力」「質」を優先したエコサンテ液を宜しくお願い申し上げます。代表取締役 新井行雄

代表取締役の挨拶

代表取締役 新井行雄
  奈良・薬師寺にて
この度はエコサンテ物産のサイトにお出で頂きまして誠に有難うございます。 
 
弊社はES大豆発酵生産物(エコサンテ液)の機能性研究を産学官のご協力を頂きながら長年にわたり取り組んできた食品会社です。 
 
2000年東邦大学医学部薬理学教室、2004年食品研究機関での研究を経て2005年からは筑波大学大学院生命環境科学科とES大豆発酵生産物の生理活性に関する共同研究を実施。
 
2011年には農林水産省の「平成22年度産学連携優良事例把握調査」にて優良20件に選定され、医療機関での取り扱いが開始。 
 
2016年には以前より要望のあったエコサンテ液の原料供給を企業向けに開始。 2017年にはフランス南西部にある企業によりエコサンテのフランス語サイトが公開になりました。
 
2018年1月からフランスへのエコサンテ液供給を開始しております。 そして同年7月26日、17年ぶりにサイトのリニューアルを致しました。
 
2019年1月には、独立行政法人・中小機構の「日本の優れた商品を世界へ!販路開拓プロジェクト」に
エコサンテ液が採択されました。また同年10月、TBSテレビ「この差って何ですか?」(毎週火曜日19:00 - 20:00放送)の番組内でエコサンテ液のお召し上がり方が取り上げられました。
 
本年2020年もES大豆発酵生産物の掘り下げた研究に邁進し、皆様のお役に立てる情報発信に取り組んで参る所存ですので、引き続きES大豆発酵生産物の湧き上がるフォース!「飲みやすさより力!質!EU圏の人たちも飲み始めた短鎖脂肪酸 エコサンテ液」を宜しくお願い申し上げます。 
 
2020年(令和2年)1月 21日 
エコサンテ物産 
代表取締役 新井行雄

奈良薬師寺の貴重な瓦

薬師寺の屋根瓦が縁あってエコサンテに来ました
奈良・薬師寺の薬師三尊様(薬師如来様・日光菩薩様・月光菩薩様)をお護りした大講堂の屋根瓦の1枚が縁あって弊社にやって参りました。
 
の瓦は、嘉永5年(1852年)に建立され、平成7年(1995年)に解堂(解体)されるまでの永年(100年以上)に亘り講堂の屋根に使用され、ご本尊をお護りしてきた大変尊い瓦です。

の瓦には、当時の薬師寺住職である高田 好胤(たかだ こういん)僧侶の執事で、次期住職になられた安田 暎胤(やすだ えいいん)僧侶の直筆で、般若心経の真髄である「空」という文字が書いてあり、さらに薬師寺の角印も押印されて
おります。

 

このような大変貴重なお品が、健康産業に従事する弊社に縁あって届いたことは本当にありがたいことだと思っております。

 

なお薬師寺は、東塔(とうとう)の解体修理が完了し、本年2020年(令和2年)5月から一般公開されるとのことです

次のページは会社沿革です

有限会社エコサンテ物産
〒135-0047
東京都江東区富岡1丁目23番17号
TEL.03-5621-1122
FAX.03-5621-1123
 
TOPへ戻る