本文へ移動

ブログ

エコサンテ関係者ブログ

エコサンテ関係者ブログにお出でくださり誠に有難うございます。このページの下段もご覧ください。これまでに投稿された写真の一部がスライドショーでご覧いただけます。

プーさん・奥さんからの発信  銀閣寺へ行く~②

2020-09-16
撮影慣れした奥さん。ついついモデルポーズに!
千年の都・京都から、プ~さん・奥さんです。コロナ対策に心がけながら「Go To トラベル」を利用して大好きな旅行を計画しています。
 
お待たせしました銀閣寺へ行く~①」からの続きです。総門から中門まで長さ約50メートルの参道「銀閣寺垣(ぎんかくじがき」を通って受付へ。
 
拝観料は、大人・高校生500円、小・中学生300円です。ちなみに金閣寺は、大人・高校生400円、 小・中学生300円。
 
奥さんの条件反射
カメラを向けると、奥さんはついついモデルポーズに!撮影慣れしているのです。では歩みを進めます。
 
銀閣寺形手水鉢(ぎんかくじがたちょうずばち)と慈照寺・観音殿(銀閣)
袈裟型(けさがた)の変形で、手水鉢でも独特の意匠をもっています(下の左写真)。ちなみに茶聖と称せられた千利休も、袈裟型の手水鉢を好んだようです。では皆様ご存知のあの場所に進みます。
銀閣寺形手水鉢(ちょうずばち)
観音殿(銀閣)
向月台
向月台(こうげつだい)
銀閣寺といえば白砂の砂盛り高さ1.8mの向月台。
 
ここにに座ってお月見をしたとかの話があるようなので、私も奥さんと座ってお月見したいです(笑)。
 
いずれにしても、「月」に関係するものであることは間違いないようです。ですから、ここから「金閣寺が太陽」「銀閣寺が月」というイメージが生まれたのかもしれません。
 
あ~、手形をつけてみた~い!と思った方は多いのではないでしょうか。
観音殿(銀閣)と向月台と銀沙灘
銀沙灘(ぎんしゃだん)
銀沙灘(ぎんしゃだん)
白砂を波形に盛り上げた銀沙灘(ぎんしゃだん)。高さは約65cm。月の光があたると銀色に光るそうです。
 
かの岡本太郎氏も著書『日本の伝統』(1956)の中で銀沙灘について、「銀沙灘は意表をつくボリュームを堂々と押しだしている。ベラボーな魅力だ」と絶賛しています。
 
銀沙灘は近くで見ても美しいですが、展望所から眺めると、その模様美がさらに体感出来るようです。
 
下の写真は銀閣を守る鳳凰(ほうおう)
鳳凰は東を向いています。この辺りまで来るとプ~さんのお腹はペコペコで、もう何度も何度もお腹がぐ~ぐ~と!それを察してか、美しい奥さんから・・・
 
観音殿の屋根の上にある鳳凰(丸印)
鳳凰のアップ写真
奥さんから:私の愛する旦那様、そろそろランチにしましょうか?!日頃の感謝を込めて、大好きなあなたにこの歌を贈ります。I Just Called To Say I Love You
旦那さま~、ランチにしませんか~
は~い、奥さん!お先にビール頂きま~す!
は~い、奥さん!
“Thank you very much.”
 
待望のランチタイム あ~うまい!
汗をたくさんかいたので、ビールが本当に美味しいです。ふらふらしていましたが、生き返りました。
 
私の健康の最大の糧は、綺麗な奥さんの笑顔、次にアルコール、3番目に短鎖脂肪酸エコサンテ液。
 
ランチ後はゆっくりとした歩みで帰路に就きました。夕食もたくさん頂いたのは言うまでもありません。
 
プーさん・奥さんでした。皆様、時節柄まだまだ油断大敵です。とにかくご自愛を!
 
さ~て、次回のプーさん・奥さんは・・
伏見稲荷大社までの散歩をお届けしま~す。また見てくださいね。
奥さんから:旦那様が、また何かやろうとしていますからこの辺でバイバイします(笑))
何かパフォーマンスをしようとしているプ~さん(伏見稲荷大社にて)

羽鳥元久からの発信  綺麗な二重の虹が現れました

2020-09-07
前橋市在住の羽鳥元久です。日々の忙しさにかまけ、久しぶりの登場となってしまいました(3つ目のブログです)。ですが、エコサンテブログは面白いので、頻繁に訪れて見ております。
 
まずは私のウイルス対策からです。
①手洗い。
②人込みの多い場所は避ける。
③短鎖脂肪酸 エコサンテ液を毎日摂取。
④適度な運動(愛犬との散歩)。ちなみに愛犬も短鎖脂肪酸 エコサンテ液を愛飲しています。
 
コロナ後の日常生活は本当に変わりました。(意識の変化も感じております)
 
さて、そんなこんなでご無沙汰していた訳ですが、昨日貴重な景色を写真に収めることが出来たのでご紹介したいと思った次第です。私の住む前橋市は関東平野の北西端に位置した場所にあります。
 
台風の進路からはだいぶ離れていますが、昨日はこちらでも台風の影響による雨が断続的に降っていました。夕方近くにようやく止んだので、散歩に出て空を見た時のことです。
 
二重の虹(ダブルレインボー)が
夕方5時ごろだったかと思いますが、はっきりした綺麗な虹が大空に架かっていたのです。しかも二重の虹。久しぶりに感動しました。写真は我が家の近所で撮りました(前橋南インター付近
2020年9月6日 夕方5時ごろ撮影
二重の幻想的なアーチ
濃い方の虹(主虹)は外側から太陽光の波長の長い順に赤・オレンジ・黄色・緑・青・藍・紫と並んでいます。一方、二つ目の薄い虹(副虹)は逆に、内側から赤→紫と色が並んでいます。拡大してご覧ください。
 
二重の虹の原理はこちら
 
またひょっこり現れます。前橋から羽鳥がお届けしました。時節柄、皆様ご自愛くださいませ。
2020年9月6日 夕方5時ごろ撮影

新井行雄からの発信   8月、ある日の写真

2020-08-28
エコサンテ新井でございます。残暑お見舞い申し上げます。
 
連日、茹だるような暑さですが、夕方になると涼しくなる日もあり、徐々に秋の気配を感じる時期になって参りました。そんな昨今、お気に入りの写真が撮れたのでご紹介いたします。
 
8月ある日の写真 その① チャーミングな若女将
過日、外出した時のこと、弊社近所の伊勢屋さん(老舗・和菓子屋さん)の前を通り過ぎようとしたとき、ふと店内に視線を向けると若女将の姿が・・・・。
 
若女将がボ~っとしてたので、声を掛けましたら、若女将がハッとした表情の後、笑顔で「久しぶりです」と・・・。その後、しばし談笑し、写真の承諾を得て撮っていたら、いつの間にか、たくさんの人たちが遠巻きにしてその様子を見ているではありませんか。
 
私が皆さんに失礼しましたと頭を下げると、一人の年配の男性が笑顔で「どうぞ、どうぞ」と・・・。若女将は人気者なのです。ちなみに伊勢屋さんの、お団子・大福・和菓子などは本当に美味しいです。
 
またお店に併設されたお食事処では、地元名物「深川丼」はじめ「甘味」なども頂けます。若女将さん、お仕事中、有難うございました。マスクをしてない時の若女将の写真はこちら
8月ある日の写真 その② 隅田川周辺の景色
コロナ禍によって週に数回、1時間程度の散歩を始めました。特に隅田川周辺の散歩を楽しんでおります。左下の写真は、永代橋と東京スカイツリーです。右下の写真は、佃の高層マンション群です。
 
この場所は、隅田川の岸沿いに設けられた遊歩道で、日常は散歩・ジョギングをする人達に人気のある美しい場所です。そんな綺麗なスポットですから、映画・ドラマ等の撮影でも使われたりしています。
8月ある日の写真 その③ 二重の虹(拡大してご覧ください)
8月13日の午後、ふとベランダに出た時に遭遇した貴重な二重の虹。このような虹を見たのは初めてでしたので感動しました。数時間後には、マスコミ報道もされておりました。
今年の夏は静かでした。
弊社所在の門前仲町は、飲食店が点在するエリアのため、コロナ前までは夕方になるとたくさんの人たちで賑わっておりましたが、現在はとても静かになっております。
 
また、恒例の夏祭り(「富岡深川八幡祭り」こと「富岡八幡宮例大祭」)も中止になったため、セミさんの鳴く声だけが響く、静かな夏となりました。
 
そんな状況下、マスク着用が身だしなみの一つとなっているため(新生活様式)、過日使い捨てマスクではない「ひんやりするマスク」を購入しました。着け心地はそれなりに快適です。
 
マスクで思い出しましたが、先日弊社の近所を歩いていると、自転車に乗った方から挨拶をされました。マスクをしているので相手の方がわからず戸惑っていましたら、マスクをずらしてくれたのでようやくわかりました。
 
お互い笑いながらあらためて挨拶をし、しばし談笑したのちに別れましたが、マスク姿ですと気づかない場合がありますね。だからと言って人の顔をじろじろ見るわけにもいかず、何とも悩ましいものだな~と・・・。
 
とにかく、大きな変化の時を柔軟な姿勢で乗り越えて参りたいと思っております。皆様もご自愛くださいませ。エコサンテ新井でした。
 

プーさん・奥さんからの発信  プ~さん・奥さん、銀閣寺へ行く~①

2020-08-03
観音殿 銀閣。正式名は東山慈照寺(じしょうじ)
千年の都・京都からプーさん・奥さんです。
 
コロナ第2波の状況となっているので、不要不急の外出は控え、3密回避、衛生管理にも気を使って過ごしております。
 
私達のウイルス対策
①手洗い。
②人込みの多い場所は避ける。
③短鎖脂肪酸 エコサンテ液を毎日摂取。
④食事からたっぷり栄養を摂る。
⑤普段通り、明るく楽しく過ごす。
 
今後も奥さんと私は、コロナ対策に気を使って参りたいと思っております。
 
お待たせしました。今回は以前のブログでもお知らせした銀閣寺までの散歩を紹介します。
 
写真は皆さんご存知の観音殿 銀閣。この観音殿を含めた寺院全体が銀閣寺となります。京の三閣の一つです。(その他は、金閣・飛雲閣「西本願寺境内」)
 
新緑の時期、奥さんと私は、我が家~銀閣寺まで散歩に行って参りました
前回はブログでは、金閣寺などを紹介しましたので、その様子はこちらをご覧ください
 
金閣寺は我が家から西の方向ですが、銀閣寺は東の方向になります。銀閣寺は金閣寺同様有名なので、皆様も1度は行かれたことがあるのではないでしょうか。
 
京都御所京都大学を通り過ぎ、さらに東に歩いていくと銀閣寺方面に関する標識などが出てきます。
銀閣寺・大文字山登口・哲学の道
 
この地点に来ると、緑の景色が豊になってきます。しかも、ちょうど新緑の頃でしたから、木々の葉が本当に綺麗でした。
 
でもプ~さん、マスク着用での散歩ですから、しんどい状況でした。一方、美しい奥さんを見ると、全く大丈夫な様子。
 
ですから私も、よ~し、頑張るぞ~!と・・・
 
下の写真は京都五山送り火の一つで有名な、大文字送り火の大文字山です
プーさん、銀閣寺橋にて 
銀閣寺橋にて
コンクリート製の橋。この橋を渡り真っすぐに行くと銀閣寺。私たちは哲学の道へ。
 
この辺りは春は桜、初夏はホタル、秋は紅葉と一年を通して散歩が楽しめる場所です。
 
この時、私の豊かなお腹はグ~グ~と鳴っていました。コロナ前までの移動はほとんど自動車でしたから、とにかく良い運動になっています。
 
よ~し、まだまだ歩くぞ~!
プ~さん、哲学の道を歩く~!ですが・・・
意気込んで歩を進めたものの、哲学の道にて苦しそうな表情になるプ~さん(下の写真)
 
プ~さん、先は長いぞ、がんばれ~!Thank you!
 
マスクをずらし、新鮮な空気を取り込んでと・・・、さあ~次は銀閣寺へ行くぞ~!
 
ここでちょっと解説、この道は春の時期には桜のトンネルができ、本当に美しいです。まだの方は来年是非ご覧になってください。
いよいよ銀閣寺へ!
足利義政が文明14年(1482年)に開いた山荘。
 
義政はここを拠点に、わび・さびを重視した東山文化(庶民文化。簡素で洗練された深みのある文化)を育みました。
 
ちなみに金閣寺は北山文化(公家・武家文化)で優美で華やかな文化。
 
では皆さんご存知の銀閣寺へ歩みを進めます。ですがプ~さんのお腹、さらにグ~グ~鳴ってます。
 
でも、もう少し頑張るぞ~!
 
銀閣寺垣にて 私の自慢の美しい奥さんがポーズ(場所は上の画像の赤丸箇所です)
総門から中門まで長さ約50メートルの参道。銀閣寺垣(ぎんかくじがき)と呼ばれる竹垣で囲まれた細長い新緑の空間は、何故だかさらに私の奥さんを美しく、そして愛おしく思わせてくれていました。(下の写真)
 
その時、私の脳裏にはあの時の朝のことが蘇り(プ~さん・奥さんブログ「は~~るばる~きたで函館~!②」の函館の朝日の箇所をご覧ください)、やはりあの歌が(「また君に恋してる」)、響き渡っておりました。
奥さんから一言「銀閣寺までの散歩②へ続きま~す。しばらくお待ちくださいね。」
マスクをはずしたプ~さん自慢の奥さん。
 
皆様、コロナ対策をしながら、ご自愛くださいませ。ではまた。プ~さん・奥さんでした。バイバイ!
滋賀県米原市醒井(さめがい)の鰻屋さんにて

マリマリからの発信  お店「ルチュ」営業再開しました

2020-07-27
こんにちは、夢国籍庶民料理&オーガニック料理「ルチュ」を営んでいるマリマリです。
 
新型コロナにより店舗営業を休止しておりましたが、7月23日より営業再開を致しました。
お客様の安全を守るため、感染予防対策を講じて営業を行ってまいります。
 
ご来店時、マリマリブログ、見てますと言われた方には、延命茶をサービス致します。
皆様のご来店お待ちしております。
ルチュは今年5月、オープン20周年を迎えました。
写真はお客様から頂いた、フラワーアレンジメント。
 
5月はコロナの影響で休業していたので、先日の営業再開日に、お客様からお花を頂きました。本当に嬉しいです。これまでの歩みと、私が健康に人一倍喜びを感じるようになったいきさつは以前のブログで書いてますのでこちらをご覧ください
年を重ねるごとにますますフットワークが軽くなってきた車・バイクが大好きなマリマリでした。
 
健康って本当に素晴らしい!健康は私の真の喜びです。では、また。ごきげんよう。
 

これまでの主な画像のスライドショー 

2018年10月の八ヶ岳の景色  撮影者:山梨のなっちゃん

京都「一平茶屋」、コース料理〆の鱧しゃぶの お出汁で にゅうめん プーさん

ひたちなか海浜公園・夕陽と西ゲート前の噴水  撮影:マリマリ

レストラン「ペニーレイン」、ビートルズの「アビーロード」ジャケットの壁画

ひたちなか海浜公園、コスモスの花とコキアの紅葉  撮影:マリマリ

母がなっちゃんとキノコ採り  撮影:山梨なっちゃん

サックス教室国立の岡野秀明先生。ライブ活動も盛んです。 撮影:奥様?

北野天満宮近くにある「糸源 ぎんなん」、甘鯛の銀餡掛け 撮影:プーさん

デザートのような白和え3種盛(柿、無花果、シャインマスカット)撮影:丹羽美穂

群馬のソウルフード「焼きまんじゅう」 撮影:羽鳥元久

ハロウィンで仮装。プーさんとプーさんの可愛い奥さん。

高知アンテナショップ2階「まるごと高知」のカツオのタタキ 撮影:丹羽美穂

塩原温泉、旅館「下藤屋」。 マリマリが浴衣でポーズ。

山形在住のエコサンテ愛飲者から届いた山形のお米「つや姫」  撮影:新井行雄

なっちゃんと散歩する母  撮影:山梨のなっちゃん 

京都・蓮華寺 綺麗な紅葉を背景に写るプーさんの可愛い奥さん 

2018年11月下旬の富士山  撮影:マリマリ

2018年9月中旬、寛解報告に来社くださった素敵なご夫婦。撮影:新井行雄

ミージュマーマ・丹羽美穂です。エコサンテ液は、ペットの腸活にも役立ちます。

USJの電飾数ギネス世界記録・クリスマスツリー 撮影:マリマリ

2018年」12月クリスマスパーティー!しげるちゃん夫婦とプーさん夫婦

2018-12-25 母の年賀状用の写真

2018年12月28日 出雲詣り

2018年12月28日 出雲詣り

2019年元旦~3泊4日・四国の旅

2019年元旦~3泊4日・四国の旅

2019-01-14 ニューイヤー駅伝

2019-01-14 ニューイヤー駅伝

芦ノ湖からの富士山 撮影:マリマリ

鎌倉プリンスホテルからの富士山と江の島  撮影:マリマリ

エコサンテ新井、初めてのプレゼンテーション(インテックス大阪)

エコサンテ新井、初めてのプレゼンテーション(インテックス大阪)

南国料理の勉強を兼ね母とカンボジアへ行って来ました。

南国料理の勉強を兼ね母とカンボジアへ行って来ました。

南国料理の勉強を兼ね母とカンボジアへ行って来ました。

東京マラソン折り返し地点とチャーミングな女将さん

東京マラソン折り返し地点とチャーミングな女将さん

次のページはTOPページです。

有限会社エコサンテ物産
〒135-0047
東京都江東区富岡1丁目23番17号
TEL.03-5621-1122
FAX.03-5621-1123
 
TOPへ戻る